PAGE TOP

事業用不動産投資物件・自己使用可能物件検索専門 売りサーチ
売り店舗専門「売りサーチ」

不動産投資情報

写真1

借地権付き建物の売買で気をつけるべきこと

建物は土地の上に建っています。そのため建物を所有するには、建物の敷地となっている土地を利用する権利を有している必要があります。敷地の利用権の中で最も一般的なものは、所有権です。読んで字のごとく、その土地を所有する権利のことを指します。 一方で、所有権ではなく借地権に基づき建物が建てられているケースもあります。所有権と借地権では、どのような違いがある...

写真1

事業用不動産を買うことによる節税効果について

不動産投資を考えている方の中には、「事業用不動産を買うと節税できる?」と疑問を持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 事業用不動産は、損益通算により赤字所得を他の黒字所得と相殺できるので、合計所得を少なくでき、所得税や住民税の節税が可能です。また、不動産は現金よりも相続税評価額が低くなるため、相続税の節税効果も期待できます。 ここでは、...

写真1

不動産を売却する時にかかる費用にはどんなものがある?

不動産を売却すると、売主は買主から売買代金を受け取ることができます。 しかし、売買代金全額がそのまま手に入るわけではありません。売買契約の締結から物件の引き渡しまでの段階において、相応の費用負担が生じることが一般的です。 本項では、不動産を売却する際に、売主がどのような費用負担をする必要があるかについて見ていきたいと思います。 1.売買...

写真1

商業用不動産を買うなら、都心と郊外どちらがいいの?

店舗や事務所などが入る商業用不動産の購入を考えている方の中には、都心か郊外のどちらを選ぶべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。それぞれメリットとデメリットがあるため、あなたがどのような投資計画を描いているかによっておすすめは変わってきます。 では、具体的にどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。 ...

写真1

オリンピック後の不動産価格はどうなるの?

いよいよ開催が目前に迫っている東京オリンピック・パラリンピック。大会開催後、不動産価格がどのような影響を受けるか気になっている方も多いのではないでしょうか。 結論から言えば、大会開催後に不動産価格が急激に変化するようなことは考えにくいでしょう。過去の開催都市の事例を見ると、開催後も開催前の価格推移と大差はない状態で変動している場合が多いです。 今...

1 2 3 4 5 6 7